【原文公開】7年前の合格体験記が自分自身を後押ししてくれた件

こんにちは。かめきちです!

過去の自分が書いた合格体験記から、覚悟を持った努力の大切さを改めて痛感しました。

そこで本記事は、

  • 7年前の合格体験記を原文公開
  • 今後は副業に注力することへの宣誓(理由付きで)

の2本立てでお送りします。

こんな人におすすめ

・これから受験を控える学生さん(その親御さん)

・社会人になり、なかなかモチベーションが維持できない若手さん

共感してくれる人が多いと嬉しいです!

「合格体験記」を原文のまま公開

大学一年生(一か月生)の頃に、母校の後輩に宛てて書いた文章を全文原文にて公開します。当時のリアルさのためにも編集しませんでした!(固有名詞だけは変えました。)


「覚悟はできていますか?」


突然ですが、みなさんに質問があります。泣きながら勉強したことがありますか?


この合格体験記がみなさんのもとに届くのは夏休み前だと思うので、おそらく多くの3年生は一生懸命勉強しているでしょう。しかし、本当に大変な時期はまだまだこれからです。


僕自身のことを振り返ると、とてもつらいことがたくさんありました。何度も心が折れそうになりました。模試の成績はまったくふるわなかったし、春に間違え、夏に解きなおした問題が直前期になってもなお解けないときの悔しさは言い表せません。誰にも言えませんでしたが、勉強していながら涙が止まらなくなることもよくありました。なぜそんなにつらいなか頑張れたのか、一番の原動力は親の存在でした。春に、塾に行きたいと言えば快く了承してくれ、欲しい参考書があると言えば買ってくれ、受験校を決める際もすべて僕の好きなようにやらせてくれた両親、自分のためにどれだけのお金、労力を割いてくれているのかを想像したらサボるわけにはいかないと強く感じました。当たり前のことですが親なしでは受験などできません。結果はどうであれ自分のベストをつくしましょう!


ところで勉強法についてですが、どれだけの時間が残されているのか真剣に考えてみてください。人のまねをしているだけでは伸びにくいと思います。どうすれば合格点をとれるのか、ここをしっかりと見つめなおし自分の戦略をたてること、これが一番重要でかつ最も難しいことだと思います。なんとなく勉強していませんか?そんなもったいないことは今すぐやめてください。


1,2年生にはぜひ教養を深めてほしいです。僕は英語の本をたくさん読みました。一見遠回りのように思えることが後々自分の強みを作るきっかけになります。僕は読書したおかげで英語が強みになりました。これはどの科目にも当てはまることだと思います。ぜひなにか一つ強みを作ってください!


少し話はそれますが、ここで〇高生にまつわる二つのエピソードを紹介したいと思います。一つは受験の時の話です。誰もが受験当日は不安になります。僕もそうでした。二次試験の日、京大の正門には多くの京大生が集まり受験生にエールを送っていました。そこである男性が僕の制服を見て、「もしかして〇高生?マジ頑張れよ!」と声をかけてくれました。その一言に僕は大変勇気づけられました。結局二日間で数えきれないほどの〇高の先輩が声をかけてくださり、本当に感謝しています。もう一つはGWに帰省した時の話です。バスや電車で多くの〇高生が勉強しているのを見て、僕はとてもうれしい気持ちになりました。自分も当たり前のようにやっていたことですが、〇高の外側の人間になった今、〇高を誇りに感じました。


〇高生のみなさんには最高の環境が整っています。あとはあなたがどれだけ粘れるかです。多くの〇高生が京大に入ってくるのを楽しみにしています!


以上!なかなか熱い文章。長かったですが読んでくれてありがとうございます~。

今後は副業に注力します

さて今後ですが、しばらくは副業に本気で取り組みたいと思っています。自分の文章のおかげで覚悟ができました。


今はブログに挑戦中なので、そこを伸ばすために試行錯誤をしていきます。目下の目標は、「月1万円の収益をあげる」ことですね!(今は月1000円ちょいくらいです。)

頑張る理由:全員がハッピーになれる仕組みだから

どうしてそんなに頑張りたいと思ってるのか。それは「頑張った方がお得」だと思っているからです。

なぜなら、副業(てゆうかビジネス)は

  •  受験と違い、試験日(締切)が設けらていない
  •  受験と違い、合格者数に上限がない

という性質があります。つまり、「適切に頑張った人は全員がご褒美にありつける」というありがたい仕組みになっていると思ったからです!受験と対比するとその差は歴然。

試験日などない。毎日挑戦してOK。

大学受験も就職活動も資格試験も、すべて試験日(締切)が決められていますよね。


「あかん、間に合わない。もっと早くからやっておけばよかった。。。」こんな経験誰にでもあるかと思います。


その一方、副業って締切がないんですよね。もちろん、先行者有利な構造は大いにあるかと思いますがケツは決まってません。自分が諦めない限りは、毎日挑戦することが許されているわけです。

合格者数もない。頑張ったら全員合格。

そして、合格者数も決まっていないのがビジネスの特徴だと思います。当然、ライバル等は出てくるかと思います。しかしそれは狭い視点で考えた場合であって、ざっくり言ってしまえば全員が成功できるのがビジネスだと考えています。(特に副業のような規模のビジネスは!)


大学受験などはかなり残酷なものですよね。合格できるのは毎年決まった人数だけの分かりやすい椅子取り合戦。本当に僅かな差で合否がはっきりとわかれてしまいますからね。。。

さいごに

ということで今日は以上です。これからの成長にぜひご期待いただきたいです!

読んでいただきありがとうございました~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA