【超絶】NBAとBリーグを徹底比較してみた!

こんにちは。かめきちです!

皆さんNBAって知っていますか。

NBAは、バスケットボール界で断トツ世界最高のプロリーグ

そんなリーグで、現在八村塁選手と渡辺雄太選手の

2人の日本人プレーヤーが戦っています。

NBAの魅力を少しでも広めるために、

日本のプロバスケリーグであるBリーグと徹底比較をしました!

こんな人におすすめ
・NBAは知ってるけど観たことはないよ~
・最近暇やし熱中できるものないかな~
・なんでもいいから感動したい~

魅力を語りだすと止まらなくなってしまうので、

本記事では、主に4つの観点から両リーグを比較しています!

4つの観点から徹底比較
①歴史
②経済規模
③選手の体格
④リーグのレギュレーション

それではよろしくおねがいします!

結果発表っ!やっぱりNBAはハンパない

今回の比較結果をまとめました!

 NBABリーグ
設立日1946/6/62015/4/1
経済規模88億米ドル※1
(約1兆円)
224億円※2
チーム数3020
体格
 平均身長198cm※3191cm※4
 平均体重99.3kg91.0kg
試合数
 シーズン8260
 プレーオフ16~286~9
最高年俸レブロン・ジェームズ※5
約100億円
富樫勇樹
1億円
参考 ※5レブロン・ジェームズの純資産はいくら?

(ちなみにBリーグの平均身長・体重は見当たらなかったので、各チームの選手情報から地道に平均値求めました。)

こうして並べると、やっぱNBAやばすぎ。

売り上げの規模が50倍も違う。。。

Bリーグ50年分の売り上げを一年間で上げてるんですね!

しかし、50倍で驚愕していてはいけません。

選手の最高年俸で比べてみると

なんとその差は100倍になります。。。

NBA界のキングことレブロン・ジェームズ!!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LeBron James(@kingjames)がシェアした投稿

彼は、スポンサー収入も合わせるとなんと1年間で約100億円稼いでいます。

意味不明な金額になってしまいました。

毎年100億円。。。全く想像がつかないですね(笑)


そして、この表には載せませんでしたが

そもそもNBAとBリーグではルールが異なる部分があります。

同じバスケットボールであるにもかかわらず

あまりにハイレベルすぎるため、

あえて厳しめのルールを追加して楽しんでいる

って感じです。笑っちゃいますよね。笑

かめきちはここに着目!3つのポイント

①身長

バスケにおいて身長の重要性は説明不要かと思います。

そんな超重要指標でも、

リーグ平均でおよそ7cmの開きがあるから驚きです。

NBAを観ていると「この選手は小柄や」って思っていた人でも

平気で190cm越えやし、ダンクもするし、

とかで本当にびっくりしちゃいます。

ちなみにですが、

タバコの長さがぴったり7cmみたいですね。

参考 7cmサイズ屋 もののサイズの実例集

②試合数

そして、試合数にもかなりの差があります。

仮に、

NBAでプレーオフに進出し、最後まで勝ち上がった場合

試合数は最大で110試合となります。

(現実的にはmaxの110となることはほぼありえませんが。)

この110試合という数字はBリーグのシーズン試合数60のほぼ倍です。

いやいや。いくらなんでもちょっと試合やりすぎちゃう?

さすがのNBA選手達でもこのハードスケジュールにはやはり苦労するようです。

実際に、

シーズン中は休憩を挟みながらコンディションを整える(プレーオフに備える)

というやり方をとる選手もいます。

これをロードマネジメントと呼んでいます。

「お金貰ってるんやから毎試合本気で戦え!!」

なんて批判も挙がりますが、

すべてを結果でねじ伏せてしまう。

そんなかっこよすぎる男たちがNBA選手です。

③ルールの違い:試合時間と3ポイントライン

ここまでで、

ものすっごい大きい人たちが、めっちゃたくさん試合をして、ハンパない額のお金が動いている

そんなことが分かって頂けたかと思います。

3つ目は特筆すべきNBAルールについてです。

NBAルール
(i) 試合時間:very long
(ii) 3ポイントライン:very far

まだまだ出てくるNBAのハンパなさ。

ただでさえ試合数が多くてハードなのに

なんと1試合の時間も長いんですね。

NBA:12分間×4=48分間

Bリーグ:10分間×4=40分間

と8分間の差があります。

なんだ8分間ならちょっとだけじゃん!

って思った方は甘いですよ~

比率を見るとNBAは20%増しで試合時間が長いということになります。

なにより、バスケではプレーが止まっているタイミング(ファウルやタイムアウトなど)は時計が進まないので

実際に1試合が終わるまでは3時間くらいかかることが多いです!

タフだタフすぎるよ!!!


そして極めつけは3ポイントラインです。

あまりにシュート力が高いのでしょう。

国際基準よりも50cmも遠くにラインを設けています。

(国際基準は6.75m,NBAでは7.25m)

俺らはもっと遠くからにしよ。そうじゃないとシュートが入りすぎる。

ってなったんですかね。笑

それでも最近のNBA選手は3ポイントシュートがうますぎ、決まりすぎるため

「そろそろ4ポイントライン導入か!?」

とかいう噂もあがったりしています。

とにかくやばいです(笑)

さいごに

以上のように、NBAはまさにぶっとんだ世界です。

かめきちはNBAとBリーグの両方を観戦したことがあります。

両方とっても楽しい最高の思い出ですが、

さすがにレベルの差は歴然としていました。

そんなとてつもないリーグで

2人の日本人選手が活躍しているというのはもう最高ですね。

一人でも多くの方がNBAに興味を持っていただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA